【Excel】月ごとに記録した日付の数を自動カウントする方法

生活

こんばんは

またたびです!

さっそくですが、

Excelに入力した日付を月ごとにカウントする方法について、

今回ご紹介したいと思います!😊

”COUNTIFS”関数を使う!

今回使用するのは、”COUNTIFS”関数です。

💡COUNTIFS関数

複数の条件に一致するセルをカウントする関数!

【補足】COUNTIF関数:ある1つの条件に一致するセルをカウントする関数

COUNTIFS関数の構文を見ていきましょう!

=COUNTIFS(範囲1,検索条件1,範囲2,検索条件2,範囲3,検索条件3…)

【範囲】と【検索条件】を1つのセットとして、複数セットすることで、

条件に合うセルをカウントします。

このように、範囲と検索条件を複数かけ合わせて、

条件に合うセルをカウントすることができます。

では、日付を月ごとにカウントしていきましょう!

日付を月ごとにカウントする方法

まずは例を示します👇

例えば、以下のように日付が入力されたシートがあるとします。

この範囲から、「2022年3月」に該当するセルがいくつあるのか

カウントする方法がこれからご紹介する内容になります!

2022年3月は「3つ」と表示されました!

数式をつくる

数式はこちら👇

=COUNTIFS(日付セルの範囲,”<“&カウントしたい月の翌月のセル,日付セルの範囲,”>=”&カウントしたい月のセル)

=COUNTIFS(範囲1,検索条件1,範囲2,検索条件2)となります。

1つずつ見ていきましょう。

範囲1:日付の範囲

=COUNTIFSと入れたところで、

カウントしたい日付の範囲を指定します。

検索条件1:カウントしたい月の翌月のセル

例えば「2022年3月」をカウントしたいとすると、

翌月の「2022年4月」のセルを指定します。

このとき、“<“&2022年4月のセルを入力します。

以下の場合は「”<“&C3」の部分です。

『<翌月』なので、2022年4月より小さいという意味になります^^

範囲2:日付の範囲

検索条件1まで入れたら、カンマ(,)で区切り、

範囲2を指定します。

範囲1と同じです(^^♪

検索条件2:カウントしたい月のセル

“>=”&2022年3月のセルを入力します。

≧下の場合は「”>=”&C2」の部分です。

『≧カウントしたい月』なので、2022年3月以降という意味になります^^

セルがカウントされる!

数式に入力して、Enterキーを押すと、

日付がカウントされます!

今回入力した数式を続けて記載するとこちら👇

=COUNTIFS($A$2:$A$7,”<“&C3,$A$2:$A$7,”>=”&C2)

  • 【検索条件1】カウントしたい月の翌月のセルと、【検索条件2】カウントしたい月のセルは入れ替えてもOK!
  • 日付は「yyyy/mm/dd」式にしましょう!

さいごに

日付から月ごとにカウントしたい時に、

ぜひ使ってみてくださいね!

ならばい!👋

【おまけ】もし、興味がございましたら以下情報も見て頂けると幸いです。

ご自身のブログや会社のホームページを作ろうと考えている方でしたら
次の2つのサービスでお安くドメインを取得可能です。

お名前.comXserverドメイン

法人様で経理や総務のご担当者は
「電子帳簿保存法」の対策はもうお済でしょうか?
まだでしたらぜひチェックしてみてください。

一般社団法人が運営している無料相談所です。
自分ひとりで悩んでいることや誰に相談すればいいかわからない方は
ぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました