【Excel】ファイルを開いたときに必ず先頭シートを表示させる方法

生活

こんばんは

またたびです。

今回は、Microsoft Excelのちょこっと便利な機能について、

備忘録がてらご紹介したいと思います!

時折感じるプチストレス

Excelでファイルを保存→別の日や別のタイミングで開くと、

前回保存したセルの位置からスタートします。

これが便利なときもあれば、不便なときもあるなあと、個人的に思います。

例えばですが、どんどんシートは増やしていくけど、

先頭のシートに情報を集計しておきたいときや、開いてすぐに確認したいことがあるときに、

保存時のセルから先頭シートに移動するのがプチストレスに感じることがあります。

またたび
またたび

たくさんシートがあるときは特に困る。

ここでは、

Excelファイルを開いたときに、必ず先頭シートからスタートする方法

についてご紹介したいと思います!

(注)またたびは仕事上Excelを使用していますが、その道のプロではないので、

   書いている方法よりもっと効率的な方法があるかもしれません。

設定方法

簡単に流れを説明します。

メインタブ「開発」がなければ入れる

Visual Basicでコードを入力する

マクロ有効ブックで保存する

以下は詳細な手順になります。

【はじめに】メインタブ「開発」がなければ入れる

今回ご紹介する設定方法では、Excelの「開発」を使用します。

表示されていない場合は、以下ご参考に入れてみてください。

(1)上部のメインタブより「ファイル」を選択します。

(2)左下の「その他」→「オプション」を開きます。

(3)「リボンのユーザー設定」を選択します。

(4)右側メインタブの一覧の中に「開発」ある場合は、左の✔を入れます。

※もし右側に「開発」が表示されていない場合

1.左上のコマンドの選択から、「メインタブ」を選択します。

2.「開発」を選択した状態で真ん中の「追加(A)」を押し、右下の「OK」を押します。

Visual Basicを使ってコードを入力する

(1)上部の「開発」タブから「Visual Basic」を選択します。

(2)左上のVBAProjectの「ThisWorkBook」をダブルクリックして開きます。

(3)ThisWorkBook(コード)に以下コードを入力します。

Private Sub Workbook_Open()

    Application.Goto Sheets(1).Range(“A1”), True

End Sub

(4)「ファイル」→「上書き保存」を選択します。

(5)以下の画面が出てきたら、「いいえ」を選択します。

(6)ファイルの種類を「Excelマクロ有効ブック」に選択して保存します。

(7)通常のExcelブックとExcelマクロ有効ブックの2つファイルが作成されることになります。

以上で設定は完了です。

ファイルを開いてセキュリティの警告が表示された場合は、「コンテンツの有効化」を選択します。

さいごに

この設定をすることによって、

ファイルを開いてから、先頭シートまで戻る手間がなくなり、

ストレスフリーになりました!

もし他に簡単な方法があれば教えてください😊

ならばい!👋

【おまけ】もし、興味がございましたら以下情報も見て頂けると幸いです。

ご自身のブログや会社のホームページを作ろうと考えている方でしたら
次の2つのサービスでお安くドメインを取得可能です。

お名前.comXserverドメイン

法人様で経理や総務のご担当者は
「電子帳簿保存法」の対策はもうお済でしょうか?
まだでしたらぜひチェックしてみてください。

一般社団法人が運営している無料相談所です。
自分ひとりで悩んでいることや誰に相談すればいいかわからない方は
ぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました