【Excel】エクセルで色のついたセルをカウントする方法

生活

こんばんは

またたびです。

今回は、またまたExcelより、

「色のついたセルをカウントする方法」について

ご紹介します!

今回も『開発』タブを使用しますので、

入れてないよ~~という方は別の記事で紹介してますので

追加してみてくださいね✨

セルの色をカウントする

空白のセルや、文字があるセルの数をカウントする方法はありますが、

色付きのセルをカウントする方法ってご存じでしょうか?

例えば、

実際にカウントしてみた

このように、黄色セルは1つ、オレンジセルは3つ、

ピンクセルは4つと数える方法です。

上の画像は実際にカウントした数を表示しています。

以降ではカウントする方法についてご紹介します(^^♪

Visual Basicにコードを入力する

①『開発』タブ→『Visual Basic』を選択します。

開発タブよりVisual Basicを選択する。

②『挿入』タブ→『標準モジュール』を選択します。

挿入タブより『標準モジュール』を選択する。

③Module1(コード)に以下コードを入力します。

(空白がうまくいかず左詰めになっていますが、

そのままコピペして正常に動作することは確認済です(_ _))

Function ColorCnt(rng As Range) As Double
Dim RngObj As Range
For Each RngObj In rng
If RngObj.Interior.Color = RGB(255, 255, 0) Then
ColorCnt = ColorCnt + 1
End If
Next
End Function

RGB(255,255,0)→カウントしたい色のRGB値を入力します。今回は黄色なので、(255,255,0)です。

★コード中の「ColorCnt」は任意の関数を指定します。つまり、後々Excelシートで自分で入力する関数を作成してあげます。

Module1(コード)にコードを入力する
実際のコード画面

④『ファイル』タブ→『終了してMicrosoftExcelへ戻る』を選択します。

Excelで関数を入力する

実際に先ほど作成した関数を入力してみましょう!

上記では、『ColorCnt』関数で黄色セルの数を求めるコードを作成しました。

①セルに関数を入力します。

セルに作成した関数を入力する。

=ColorCnt(カウントするセルの範囲)

②コード設定した色のカウントが完了します。

黄色セルは1個と表示された
『1』と表示されました✨

おまけ

今回は黄色セル1色の場合で説明しましたが、

冒頭のように1色以上の場合は、関数のパターンを増やすだけです!

3色ならば、ひとまとまりのコードをコピペして、

(1)RGB値を変える

(2)任意の関数を変える

これでOKです(^^♪

冒頭の3色のコードの例を貼っておきます。

数えたい色の数だけコードを入力する

さいごに

いかがだったでしょうか?

ほかにも便利なExcelのワザがあれば教えてください✨

ならばい!👋

【おまけ】もし、興味がございましたら以下情報も見て頂けると幸いです。

ご自身のブログや会社のホームページを作ろうと考えている方でしたら
次の2つのサービスでお安くドメインを取得可能です。

お名前.comXserverドメイン

法人様で経理や総務のご担当者は
「電子帳簿保存法」の対策はもうお済でしょうか?
まだでしたらぜひチェックしてみてください。

一般社団法人が運営している無料相談所です。
自分ひとりで悩んでいることや誰に相談すればいいかわからない方は
ぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました