【今日の晩御飯】牛ステーキの蒸し焼きに挑戦。ヘルシーな焼き上がりで食べやすいステーキ🥩

食ログ

今日は何ケ月に一回訪れる日。。。
どうしても肉を頬張りたい日でした。
特に何かの記念日とかでもないのですが、
どうしようもなく肉が食べたい日でした。

そんなさびぬこ(夫)のわがままに付き合ってもらいました。
というわけで今日の晩御飯
「ヘルシーな焼き上がりになる蒸し焼き牛ステーキ」について記録しました。
ステーキの料理工程とお味について紹介します。

料理工程について

以前の記事で紹介しました冷凍たこ焼きをカリッと焼き上げれるかの検証の際に使った
「オッタビオ」のクッキングスプレーをプレートに満遍なく振りかけます。(写真1のように)
結果はいまいちでしたが冷凍たこ焼きの検証については関連記事で載せておきます。

(写真1)クッキングスプレーをプレートに振りかえた後

奮発して購入させていただいた
アメリカ産牛肉かたロースワンポンドステーキ用 405gで1,125円(税別)の
お肉を温まったプレートに写真2のように入れました。

(写真2)牛肉をプレートに入れた後

次に写真3のようにうまみが逃げ出さないよう片面をこんがり焼きあげて
ひっくり返します。

(写真3)こんがりと片面を焼き上げたお肉

写真4のように火が通りやすくするため3ブロックに切り分けて
表面積を増やしました。

(写真4)火が通りやすいよう切り分けた後

切り分けた後しばらく経ち、
写真5のようにもう片面にも焼き色がついたことを確認します。

(写真5)もう片面の焼き具合を確認

お肉の両面に焼き色がついたことを確認できた後に、
写真6のようにプレートに蓋をして3分ほど蒸し焼きにします。
蒸し焼きすることによって分厚い肉でもしっかりと火が通り、
お肉自体もヘルシーな口当たりとお味になる気がします。

(写真6)プレートに蓋をして蒸し焼きする

3分経った後に写真7のようにお肉を食べやすいようにひと口に切り分けます。
この時はついでにお肉のなかまで火が通ったかの確認もおこないます。

(写真7)ひと口サイズに切り分けて中の焼き加減を確認

写真8のようにお肉に火が通ったことを確認し、
皿へ移し料理過程は完了となります。

(写真8)お肉に火が通った後に皿に移す

お味について

身体が求めていただけあって、個人的にとても美味しく頂けました。
蒸し焼きすることによって脂っぽさが強すぎず
ヘルシーな出来上がりでぺろりと食べれました。🤤
とても満足でした。

さいごに

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
今日はただの一般人夫婦の晩御飯を記録した記事になりました。
正直なんの役にも立たないと思います。申し訳ございません。
しかし、とても美味しく頂けましたので満足です。
お肉が脂っぽくてあまり食べられないよっていう方は一度蒸し焼きを試されてはいかがでしょうか。
思ったよりぺろりと体が受け入れました。😆

ならばい👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました