【Excel】TEXT関数を使って日付から曜日を自動表示させる方法

生活

こんばんは

またたびです🐈

つい最近使ったExcelのちょっと便利な機能を備忘録がてらご紹介します!

日付から曜日を自動で表示させる方法をご存じでしょうか?

セルに日付と曜日を入れ、オートフィルする方法もありますが、

セルに日付と曜日を入れてオートフィルする
セルに日付と曜日を入れてオートフィルする
フィルした分だけの日付と曜日が表示される
日付と曜日が表示されました

今回は日付に対して曜日を自動で表示させる方法をご紹介します!

『TEXT』関数を使って曜日を表示させる方法

今回ご紹介するのは、『TEXT』関数を使って日付から曜日を自動表示させる方法です!

ポイントはこちら👇

日付のセルと曜日のセルを分けて表示させたいとき

に使用するのがおすすめ

まず、TEXT関数は数値に対して表示形式コードを使用し、

数値の表示方法を変更できる関数です。

次に方法をご紹介します。

①まずセルに日付を入れます。

試しに今日の日付を入れてみました

②曜日を表示させたいセルに、以下の関数を入力します。

=TEXT(範囲,”aaa”)

③日付に対して曜日が表示されます(^^♪

「木」と表示されました

おまけ★表示形式コードについて

表示形式コードには他にも多くの種類がありますが、

その中からいくつかご紹介します!

  • aaaa:ご丁寧な曜日の表記(木曜日)
  • ddd:かっこいい感じの英語表記(Thu)
  • dddd:ご丁寧な英語の表記(Thursday)
  • 0.00%:小数点第2位のパーセンテージ(.00を.0にすれば小数点第1位)
  • mmm:かっこいい感じの月表示(Feb)
  • mmmm:ご丁寧な月表示(February)

表示形式コードすべてを覚えるのは流石に無理ですが、

曜日や月表示は覚えてて損はないと思います^^

ならばい👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました