【Excel】違う値を一瞬で探す方法(重複データの抽出方法)

生活

こんばんは
さびぬこです。

お仕事やプライベートでデータ管理をするとき、
『Excel』を使っている方は多いと思います。

今日は自営業やお仕事でも使えるExcelの小技について紹介します!

Excelで作っているデータベースで、
2つのデータに誤差がないかを確認することにとても便利です。

恥ずかしい話ですが、私がこの方法を知るまでは
紙に印刷して指差し確認しながら2つのデータを照らし合わせておりました。。。

Excelで違う値を探す方法(重複データの抽出方法)

1.重複または違う値を探したいデータの範囲を選択します。
※図1の中の赤点線枠を範囲として選択しています。

2.ホーム→スタイルの中の条件付き書式→セルの強調表示ルール(M)→重複する値 の順番でクリックする。
※図1の中の青線枠でクリックする場所をご確認いただけます。

3.重複する値のウインドウで重複している値を強調するのか
  それとも異なる値(一意)を強調するのかを選択できます。
※図2は重複しているデータを赤文字と赤背景で強調しています。
※図3は異なる値を赤文字と赤背景で強調しています。  

図1.範囲を選択+抽出方法
図2.重複しているデータを赤文字と赤背景にする
図3.異なる値を赤文字と赤背景にす

以上になります。

作業時間の短縮につながる小技になるかと思いますので、
機会があるときにぜひ使ってみてください。

最後まで見ていただきありがとうございます。

ならばい👋

【おまけ】もし、興味がございましたら以下情報も見て頂けると幸いです。

ご自身のブログや会社のホームページを作ろうと考えている方でしたら
次の2つのサービスでお安くドメインを取得可能です。

お名前.comXserverドメイン

法人様で経理や総務のご担当者は
「電子帳簿保存法」の対策はもうお済でしょうか?
まだでしたらぜひチェックしてみてください。

一般社団法人が運営している無料相談所です。
自分ひとりで悩んでいることや誰に相談すればいいかわからない方は
ぜひチェックしてみてください。
お役に立てられるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました